徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム 一般歯科 歯周病 小児歯科 口腔外科 ホワイトニング スマイルデンチャー
2007年9月16日 徳島県小松島市 36歳 女性

神経を抜いた歯は黒く変色してしまうと聞いたことがあります。真ん中の前歯で一番目立つところですし、なんとか変色しないように何か出来ることはないでしょうか?
 本日、上の前歯の歯と歯の間が虫歯ということで治療してきました。
 先生に言われるまで、その歯が虫歯ということにも気がついておらず、痛みも全くなかったのですが、いざ治療をはじめてみたら、以外と虫歯が深かったとのことで、神経を抜かれてしまいました。
 まさか神経を抜くことになるとは思いもしなかったので本当にショックです。
 神経を抜いた歯は黒く変色してしまうと聞いたことがあります。
 真ん中の前歯で一番目立つところですし、なんとか変色しないように何か出来ることはないでしょうか?
 そしてもし変色してしまった場合、変色を改善するような治療はあるのでしょうか?

 こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
 ご相談のメールありがとうございます。

 御相談の件ですが、まず大人になってからの虫歯は、痛みを起こさず進行していることはよくあります。
 どの前歯か分かりかねますので正確には申せませんが、たとえば上の一番前の歯だとすると、生えてきた年齢は小学校低学年です。
 そこからゆっくりと進行していくので、急激な炎症症状=痛みが起きにくいのです。
 表面から見た場合、虫歯の穴は小さくとも、齲蝕円錐といって、虫歯になり始めた場所によっては中で予想外に広まっていることもしばしばあります。
 進行が神経に達していた、または神経に回復不能なダメージが与えられた場合、神経を取らざるを得ません。

 また、おっしゃるように神経を抜いた歯は変色してくる傾向があります。
 加えて、かけたり折れたりしやすくなるとも言われています。
 それら両方を解決するためには、歯の内側に芯を入れ、被せものの人工の歯を被せていく処置になるかと思います。
 ただし、それを長期にわたって健康維持していくのは、天然の健康な歯を維持していくのに比べ、、よりしっかりした管理が必要です。

 よく私たちは、「抜かれた」「削られた」と患者さんに嫌われるものですが、処置は患者さんの希望ももちろんよく理解した上でやるべきものですが、最終的には病気の種類と大きさがそれを決めることはよくあります。
 私たちも人間ですから、決して患者さんに嫌われたいと思っているわけではありません。
 ただ、患者さんのお役に立つことが、患者さんの喜ぶ処置をさせていただくことと一致しない場合があるということです。
 悪いのは、虫歯という病気です。
 確かに神経を処置されたショックは大きいとは思いますが、いま大事なことは可能な選択肢の中で、どのようにその歯を治し、今後同じような悲しい思いをされないために、どのようにお口の健康管理をしていくか、ということではないでしょうか。

 では、本当にお大事になさってくださいね。

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。必要事項をご記入の上、確認ボタンを押してください。※ご投稿いただきました内容は、個人情報を除き、当関連サイトに掲載させていただく場合がございます。予めご了承の上、投稿ください。また、ご記入頂きました個人情報は、守秘義務上、外部に漏れることは一切ございません。
ご相談フォーム
※お名前

※性 別

女性  男性  

※年 齢

※住 所

電話番号

※e-mail


E-Mailを間違う方が大変増えております。
確認の為、再度ご記入ください。
※相談内容

 

徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分
リンク集 サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.