徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2017年10月20日 横浜市中区 39歳 女性

親知らずの抜歯について。

先日、上の親知らずを2本抜歯しました。
下は10年以上前に2本とも抜きました。かかりつけの先生の話しだと、歯は真っ直ぐはえているのですが、伸びてきていて、下に噛み合う歯がないので後に歯周病になりやすくなる、という理由でした。

しかし、抜歯してから、顎から首にかけての凝りが悪くなったような気がします。もともと顎関節症で顎が痛くなりやすかったのですが、もしかして、抜歯と関係あるのか?と不安になります。また、本当に抜いた方が良かったのか、と少し後悔しています‥。

ご意見を聞かせて頂きたいです。

こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
ご相談の件ですが…まず、その先生のおっしゃる「抜歯するべき理由」は、正しいです。ですので、抜歯を決断されたこと自体に、後悔される必要は、ないのではないでしょうか。
一方、噛み合わせの変化が原因で、何らかの身体的不調を来たすということは、可能性はあると思われます。
しかしながら…直接拝見してみないと、断定的なことは申し上げかねますが…いただいたメールから判断しますと、抜歯された上の親知らずは、「噛み合わせの相棒になる歯がない」状態だった、ということでしょうか?
もしそうだとしますと、上記の「噛み合わせの変化・異常」が、抜歯後に問題を起こしているという可能性は、考えにくくなります。ですので、機能的には、処置そのものは関係ない、ということになります。
ですが…心因的な理由で、顎関節症が増強したり、肩凝りがひどくなっている、という可能性は、完全には否定はできません。
元々顎関節症は、様々な説がありますが、ストレスも大きな原因と言われています。
そして、噛み合わせそのものは問題なくとも、お口というのは繊細な感覚を持った器官です。ふと考えてみていただくと、髪の毛一本、毛糸一本お口に入っても、すごく気持ち悪いと思うことはありませんか?
その繊細なお口の中で、歯一本、二本の変化が起こる…当院でも、抜歯を行った後に「スッキリしたけど、なんか違和感ありますね」と苦笑いされるということは、しばしばあります。
当院での数千本に及ぶ親知らず抜歯の中で、今のところ、おっしゃるような症状が出たことは、記憶を辿ってもありませんし、むしろ逆の喜びのお言葉をいただくことが多いです(顎関節の一過性の機能障害は、特に下の親知らずの場合起きますが)。
元々顎関節症があり、その上もし抜歯といまお悩みの症状が関係あるとすれば、その違和感から来る心因性のもの…ということは、考えられると思います。
いま現在、マウスピースはお使いでしょうか?理由が何にせよ、もしまだマウスピースをお持ちでなければ、それがお悩みを軽減してくれる一つのアイテムになる…かも、知れません。
まずは、診て下さってる先生か、そちらでどうしても納得がいかなければ、別の先生か…で、再度ご相談なさってみてはいかがかと思います。
では、本当にお大事になさってくださいね。

ご丁寧なお返事ありがとうございます。
おっしゃる通り、心因性なものかと思います。歯は抜くと二度と生えてこない、という緊張感と、邪魔だと感じていたもの、長年あった親知らずがなくなり、違和感があり、変に顎に力を入れて噛んでいたのかもしれません。

マウスピースは親知らずがあると奥迄入りすぎるので、苦しくて今まで出来ませんでした。今後、顎関節の治療も考えていく気になりました。

わざわざ、ご丁寧に貴重なご意見をお送り頂きまして、本当にありがとうございます。

大分、安心し、前向きになれました!


徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.