徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2014年2月3日 徳島県徳島市国府町 31歳 男性

 奥歯のことで相談があります。右上の奥歯が外側斜めに生えているために下の歯と噛み合っていません。上の歯の側面と噛み合うためにグラグラしてる感じです。親知らずは抜歯しているのでありません。以前通ってた所では、削って当たらないようにしましょうといってちょっと削りました。もう噛み合ってないなら、いっそのこと抜いてもいいのかなと考えています。このような場合抜いても良いのでしょうか?

 こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
 ご相談の件ですが...歯は、一本一本が大切な宝物です。
ですので、抜く、というのは、原則的には、それが最善であると判断せざるを得ない場合だと、私は考えています。
歯やその周囲の歯茎や骨の状態にもよりますが..その考えの基に回答させていただきますと、抜歯という選択肢の前に、二つの選択肢があるかと思います。
まずは歯列矯正、という選択肢です。次に、補綴矯正、という方法もあります。
抜く方が最善、という状況なら、インプラントに置き換える、という方法もあります。

まず歯列矯正ですが、やはり奥歯ですから、その歯を正しい向き、位置に並べてあげて、ちゃんと機能するチャンスさえ与えてあげれば、食べ物をすりつぶし、消化・吸収しやすくする、という重要な役割を担ってくれます。
なおかつ、食べかすも停滞しにくくなり、磨きやすくもなることで、虫歯や歯周病の進行の可能性も低くしてくれます。
歯列矯正というと、見た目というのも大切な要素ですが、それ以外にも、これらのような、大きなメリットがあります。

次に補綴的に治す、という方法ですが...これは簡単に言いますと、向きの悪い歯を削り、被せものなどで噛み合わせを改善する方法です。
歯並び全体を治すまでは難しいが、歯はできれば一本でも多く残したい、いまより正しい向きや噛み合わせにして、機能面、清掃性を改善したい、という場合に有効な方法ですが、申し上げた通り、歯を削らなくてはならない、というデメリットはあります。
また、歯の根の向きはそのままですから、改善の程度にも限界があり、物理的な力の加わり方のバランスも、本格的な歯列矯正に劣ります。

最後にインプラントですが、これは、歯やその周囲の粘膜、骨の状態が等が悪く、抜かざるを得ない場合ですが、抜いた後、人工の歯の根を入れてあげて、可能な限り正しい向きにしてあげる、というやり方です。歯を残せない状況なら、とても有益な選択肢です。

いずれにしても、まずただ抜いてしまうだけ、ではなく、その機能をより良く、どう回復するかまで、セットでお考えになった方がよいのではないかと思います。

では、本当にお大事になさって下さいね。


徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.