徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2010年7月10日 福岡県筑紫野市 37歳 女性

 2週間前に左上奥歯内側の虫歯の治療をしました。歯茎付近の小さい虫歯で麻酔なしで治療をし、レジン?でうめました。ところが治療後歯が冷たいもの・熱いものがしみたり、全体的に痛かったりしています。消毒やレジンに厚みをつけましたが、よくなりません。
 レントゲンでは虫歯は小さく親知らずが横に生えて、その歯を押し上げていることもわかりましたが、何の痛みかわかりません。この痛みは治まるものでしょうか?
 治療によって歯の神経を傷つけた?のであれば、どういった痛みがあるのでしょうか?現在、痛みどめは飲まなくてもよい位ですが、ジンジンする感じの痛みがあります。
 虫歯治療によって親知らずが痛み出すことはあるのでしょうか?神経のダメージが大きく戻らなかった場合もこのような痛みがあるのでしょうか?
 神経を抜くか迷っています。。お手数をおかけします。
 こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
 時々皆さんからの御相談に、多忙を言い訳にお返事が遅れることがあって御迷惑をおかけしていますが、歯のことで悩む方々に、少しでもお役に立つのが大好きでお悩み相談をさせていただいていますので、「お手数」ではありません。お気づかいありがとうございます。

 御相談の件ですが、原因としては虫歯がある程度深かったこと、または「虫歯を削ってレジンを詰めたこと」による歯の神経(歯髄)への間接的な刺激、その両方の可能性などが考えられます。もともとのかみ合わせも、間接的に状態を助長している可能性はあるかと思います。

 虫歯が深かったという意味は、虫歯にかかっていた部分にもよって相対的な深さの意味が違ってきます。歯の頭の上、奥歯なら溝というかくぼみにあたる部分は、歯の一番外側を覆っているヨロイでもあり断熱材でもあるエナメル質の厚みがあり、また歯髄までの距離もあるため、少々なら虫歯にかかったり、かけたり、またそれらを治療しても痛みは出にくいと言えます。ですが、今回治療を受けられたという歯茎付近=歯と歯ぐきの境目あたりは、エナメル質が薄く、また歯髄への距離も近いため、虫歯になったり治療を受けるという刺激によって痛みが誘発されやすい部分です。ですので、レントゲン上で浅い、小さい虫歯であっても、おっしゃるような状態になる可能性が高いと言えるでしょう。また、レントゲンに虫歯が写ってきているという時点で、小さいといってもある程度進行していたと可能性は高いのではないでしょうか。

 次に治療による刺激の可能性ですが、神経に近い部分にまで歯を削るという行為を(もちろん、かかられている先生はその必要があって治療行為を行われているわけですが)行った時点で、神経は大なり小なり炎症を起こすことが考えられます。これは、人間は体の病気を治すためにたとえば歯なら削ったり神経を抜いたり、時には歯そのものを抜いたりということ、他の部分でも外科的に切除したりということ=治療のために体を傷つけるという行為をするわけですが、自然界では怪我をするということは体が危険な状態になっていることを意味します。人間の体も自然の一部ですから、治すために傷ついたと言っても、動物としての体のシステムは傷ついたということを危険状態と認識するのです。ですので、その警告のブザーとして痛みを出します。また、単純な「傷つき」に対する反応以外に、レジンをつめる時につかう歯科用の糊や付きやすくするための薬(エッチング材・ボンディング材)による刺激も、使い方にもよりますが時々痛みの原因になることがあります。これらの何か、または複数の原因が重なって痛みが出ているのかもしれません。親知らずは、…女性に年齢のことを申し上げるのは大変失礼ながら、我々はその失礼なことを考慮しなければなりません、ご了承ください…ご年齢から考えて、また受けた治療内容から考えても、今回の痛みに関係している可能性は低いのではないでしょうか。

 現在の痛みが、一次的なものか、継続的なものかは、判断にもう少し時間が必要かと思われます。対応と致しましては、最終的には直接診ていただいている先生と、状態に合わせてよく相談のうえお決めいただくべきとは存じますが、「痛み止めを飲むほどではない」という状態でしたら、しばらくの間…1カ月ぐらいは様子を見られてはいかがと思います。蒸し暑くて(徳島でそう思うぐらいですから、イメージ的には九州ならもっと?)冷たいものを口にしたい季節ですが、痛みを感じるうちは少しアイスクリームや冷えた飲み物を控えめにしていただくか、どうしても口にしたい場合はそ の部分に回らないように気遣いながらにしていただいたほうがよいと思います。そうしないと、痛みがより強くなる可能性を高めてしまいます。また、その歯で硬いものをかんだり、気にして爪でつついたり、押したり揺さぶったりもお控えください。痛み止めも、御本人が必要だと思われることがあればむしろ飲まれた方がいいと私は思います。そうした注意を守りながら過ごしていただく中で、状態が急変して痛み止めを飲んでも1〜2時間で切れる、または効かないという状態に陥ったら、やむをえず神経を抜くということになるかもしれません。または、様子をみていても状態の改善がなかなかみられないという場合は、神経を取るかどうかを診ていただいてる先生とよく相談されてはいかがでしょうか。神経をとれば早期に状態が改善する可能性は高いですが、一度取った神経を元に戻すことはできませんし、受ける妥当性が高いという判断が十分できない場合は慎重な観察をしてからでも遅くないと思います。
 では、本当にお大事になさってくださいね。
 三木先生
 こんにちは。大変分りやすく丁寧にご返答下さいまして、有難うございました。良く理解ができました。
 虫歯の治療は自分が思っていたより奥が深く、知らないことばかりでした。
 今後注意事項を守って、様子を見ることにします。
 本当に有難うございました! 

徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.