徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2010年5月4日 徳島県小松島市 20歳 女性

 学校の近くの歯医者を受診したのですが、奥歯の歯と歯の間に虫歯が出来ているから、治療をした場合は、銀の詰め物をするか、自費で白にするかのどっちかだと言われました。
 今まで、銀の詰め物はしたことがないし、見た目を考えると白がいいのですが、歯と歯の間だから、保険の白だと弱いため割れて、最悪の場合抜歯になるからやめたほうがいい!と言われたのですが、やはり、その歯医者の先生の言う通りなのでしょうか?
 言われた時は、そうなのかな!?と思い病院を後にしたのですが、家に帰って落ち着いて考え始めてからは、審美歯科で稼ぎたいのでは?などマイナスにばっかり考えてしまいます。
 お忙しいとは思いますが、返信よろしくお願いします。
 こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
 いまはゴールデンウィークでお休みなので、備品の補充等の雑用ぐらいで治療はないのであまり忙しくはありません(笑)。お気づかいありがとうございます。

 ご相談の件ですが、お気持ちはよくわかります。ですが、「歯と歯の間の虫歯を保険の範囲で治すなら銀の詰め物、白くしたければ保険外で」というその先生の御意見には、基本的に私も賛成です。

 まず、おっしゃるように「見た目を考えると白い詰め物がいい」というお気持ちは当然のものだと思います。逆に申し上げますと、「見た目のことをちょっと置いて考えれば、保険の金属の詰め物もいいところはある」ということです。それは主に耐久性、衛生面です。保険の白い詰め物、もちろんそれはあります。保険治療上定められたルール面だけで見れば、「奥の歯と歯の間の虫歯」に詰めてはいけないことにはなっていませんし、実際にそういった治療を積極的に行っている歯科医院もあります。ですが、問題点があります。

 まず、「前歯の歯と歯の間」であれば、直接見ながら詰めていく(これを直接法といいます)ことができます。ですから、奥歯の場合と比べてより正確に詰めることが可能で、固めたあとの微調整も容易です。保険の白い詰め物はプラスチック(正確には違いますが)のようなものですから、金属よりは弱いですが、噛むときに加わる力も前歯は奥歯に比べて少ない(ハサミを思い浮かべてください、先より奥の方がより硬いものが切れますよね)ですから、少々もろくても噛んで壊れたり外れたりしにくいと言えます。そして、保険の白い詰め物は吸水性があるため汚れを寄せつけやすく、衛生面でも金属に劣りますが、前歯なら患者さんも磨きやすいですし、見た目上のこともあり奥歯よりはきれいに磨いていらっしゃる方が多いです。何より、多少正確に治療しにくい場合でも強度が低くとも、前歯という審美的な要求が高い部分に、どんなことがあっても金属が前から見える治療というのは好ましくないでしょう(昔それしかなかった時代には当然金属の詰め物がされていましたが)。

 逆に前歯と比べて奥歯はどうでしょう。歯科医師といえども、直視が困難であることは認めざるを得ません。見えない部分には詰め損ねができたり、バリが出る可能性があります。それを微調整するのも正確に行うのはかなり困難です。先に「歯と歯の間に白い詰め物をしている歯科医院もある」と述べましたが、「『正確』に詰め、また『正確』に調整もしている」という症例にお目にかかった記憶はほとんどありません。ですので、型取りをして、それに石膏を流し込み、模型を作ることでお口をいわば外に出して患部を見やすくして詰め物を作る(間接法といいます)方が、より正確に詰め物の作成が可能です。ですが間接法でも、もしプラスチックで詰め物を作ったら金属より汚れやすくまたそれが落としにくい、そしてもろいことにかわりはありません。お悩みの元凶が奥歯の中でもどの歯、というのがわかりませんが、たとえば親知らずを除いて奥から2番目の歯なら、最大で体重以上の力がかかるとも言われています。あなた様がピンヒールをはいて、ちっぽけなプラスチックを、片足のヒールの先だけでふんづけるのを想像してみてください。プラスチックは粉々になるかも知れませんよね。虫歯が歯と歯の間に及んでいなければ、詰め物をした場合もその周囲に歯の囲いがありますからそう簡単には壊れません。ですが歯と歯の間の虫歯の治療に保険の白い詰め物をした場合、大体詰め物の「肩」の部分から割れることが多いです。割れたところには当然食べ物がつまりやすく、歯磨きでも完全に取りにくくなるため、また虫歯の原因になりかねません。もし見られている先生がおっしゃられるように抜歯にでもなれば、インプラントの相談をするとしたらより高額の治療費がかかる可能性もあります。審美面でも、もちろん20歳の女性…若い女の子のお口に金属はふさわしくはないけれども、前歯と比べて重要性が高いか低いかと聞かれれば、高いとは言えないのではないでしょうか。

 そこで、耐久性と審美性、衛生面のバランスの高い治療を求められる場合、保険外の治療が適応となります。最上級ならセラミック、比較的安価なものならハイブリッド(セラミックとプラスチックの混合)という素材を当院なら用いますが、それぞれメリット、デメリットはもちろんあるものの、奥歯の歯と歯の間の虫歯に適応するなら、いずれも保険の白い詰め物に比べてベターであるとは間違いなく言えるでしょう。それでも、金属に比べてあらゆる面で優れているとはいえませんが。ただし、保険治療に比べれば材料や製造コストもかかり、また全額自己負担になるために高額にはなります。ですが、当院に関して言えば妥当な治療費とは胸を張って言える費用ですし、もし通われている先生が患者さんのわからない部分まで当院と同等以上に誠実に治療され、相場から著しく逸脱している価格を提示していない限りは同様と思われます。患者さんにどんな結果をお求めなのかお聞きし、それを実現するために最適な治療が保険外だったらそれを歯科医師は提示します。それが「高い」と思われる方はしばしばいらっしゃいますが、そうではありません。患者さんたちが思っていらっしゃる以上に、実は「心身の健康上の歯の価値」は高いということです。ですからその健康が損なわれた時、より高度な回復を望まれる際には思った以上の費用がかかる事もあります。天然の歯を授かる時にはお金はかかりません。歯(だけではなく、全身どの臓器もですが)の健康はかけがえのないものです。健康な歯、体をキープすることはどんな治療にも勝ります。またキープできれば、当然治療費もかかりません。

 話が脱線しますが、甘いものが大好きな女の子がいたとしましょう。その子が「スィーツがおいしいので有名なカフェ」 で、お気に入りスィーツをよく食べると。でもカフェの壁に「お砂糖入りのコーヒーかケーキを口にされたら、すぐ歯を磨きましょう」なんて張り紙は見たことありませんよね。またカフェの化粧室で、「歯磨きのために洗面台に長蛇の列が出来ている」なんてことも、見たことも聞いたこともないですよね。前述の女の子があまり歯磨きをしない子だったら、その結果虫歯になってしまうかも知れません。それで歯医者さんに行って、気持ち的に受け入れがたい治療を提案されたとしたら、カフェのマスターや食べたスィーツを恨むでしょうか。どちらかというと、歯医者さんが悪者になるような気がしませんか?歯磨きの張り紙をしない飲食店を批判するつもりはまったくありません、そんなのがデートに使うような場所にあったら野暮ですし。甘くておいしいお菓子を出すお店も、それで人々を一生懸命人を喜ばせ、それを自らの喜びにされているわけですから素晴らしい存在意義があると思います。私もおいしいケーキは大好きですから。ですが、そんなお店屋さんたちの気持ちに負けないぐらい、私たち歯科医療従事者も、皆さんのお役にたち、健康を回復していただくことに喜びを感じているんです。ただ違うのは、カフェやケーキ屋さんには皆さん望んで行かれ、喜んでお金を出されますが、私たちのところは「あまり来たくないけれど、仕方なく来るところ、こんなとこでお金を使うぐらいなら他に買いたいものがあるのに、と思うところ」だということです。この回答から、私たち歯科医療従事者の患者様への、あなた様への思いが少しでも伝われば幸いです。

 では、本当にお大事になさってくださいね。


徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.