徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2010年2月4日 徳島 43歳 女性

 歯医者が苦手で10年ほどかかっていませんでしたが、年末に虫歯が痛み治療をはじめました。
 その虫歯は2年ほど前につめていたものがとれたのを放置してしまっていたところです。
 麻酔をして削り神経をぬいて何度かの根の治療をし今日型をとりましたが、保険のきかない白い歯か銀歯で決断をせまられ、笑うと見えるのが嫌だから表だけ白で後ろは銀でと言ったら、そんなものはないといわれました。
 くわしく聞こうと思ったら先に麻酔をかけられそれを聞いただけで、そんなんがしたかったらよそへいってくれと途中でやめられそになってしまいました。
 過去に歯科で勤めていた友達もあると言いますし、旦那も違う歯科で表だけ白くしてもらってます。
 話はかわりますが10年放置してあった口の中は状態が悪いようで歯茎が腫れていて歯槽膿漏だそうです。
 歯周ポケットの中の歯石を麻酔をかけて全部取っていかないけないといわれました。
 虫歯も歯の間のあちこちにできて、子供のころ怪我をして炎症をおこした前歯は下が3本ゆがみ茶色く変色しています。
 こんなひどい状態まで歯医者に行けなかったのにやっと勇気をだしていったら、行く度ためいきと小言でしかられ、奥が銀になることよりもっと他を気にしろと言われました。
 10年前にもひどい言い方でからかわれ歯医者に行きたくなくなっていたのに、痛くなると他をしらないからまた同じところに行ってしまいました。
 あんたの口はどないもならんとか、毎日磨いていても、磨かんのだろとか、こんな汚い口は久々じゃとか、他の患者や業者がいても馬鹿にしたようにいいます。
 治療中に不安から血圧があがり気分がわるくなったこともあります。
 話をもどすと、とりあえず銀歯にすると決め、麻酔をかけた歯をひとまわり小さく下刷り型をとって帰ってきましたが、、、これから何十年とやっぱり表を白くしたかったと思わなければならないのかと憂鬱で、残りの歯をこのままあの歯医者に行くのかと思ったら涙が出そうです。
 旦那は「替われだ」と簡単にいいますが、こんな途中で替わっても、次の歯医者でも同じかもしれないし、途中からはできないと断られるかもと思うとどうしていいかわかりません。
 それに本当に保険の利く表だけ白い歯はないのでしょうか?
 なんかいい方法はないかとネット検索していたらここにたどりつきました。
 でも見ていただくには遠いです;;
 こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
 御相談の件ですが、「保険のきく表側だけ白い歯」は、あるにはあります。ですが、それはレジン前装鋳造冠と言って、保険のルールに従うなら、前歯6本に適応されるものです。その部分以外にも施術できますが、原則保険外になります。ただし、前歯6本の2本後ろまで、保険で全体に白い歯を被せることは、実は出来ます。硬質レジンジャケット冠というものです。
 ですが、全体をレジン(歯とほぼ同じ色の医療用のプラスチックのようなもの)でかぶせるため、白いということ以外は強度面、衛生面では金属のかぶせものに比べれば劣ります。強度、衛生面、審美全て満たすというご希望ですと、やはり保険のきかない治療も相談に入れる必要が出てきます。治療の選択肢には、それぞれメリット、デメリットがあります。
 当院ではかぶせもの一つにしても、歯を失ったところに入れ歯をするか、ブリッジにするか、インプラントにするかといった大きな選択にしても、利点、欠点を全て患者さんに出来る限りの説明をさせていただいたうえで、最終的に患者さんご自身に選んでいただく、という方針をとっています。ただし、その際は利点だけでなく欠点もよく御理解いただいたうえで治療をうけていただかないと、患者さんのみならず、我々も結果に不本意な思いをもつ治療になってしまいます。
 あなた様が通院されている先生がどなたかは存じ上げませんし、治療を受けられているところを拝見したわけではありませんので、その先生がだめだ、などと申し上げるつもりはございません。ですが、少なくともあなた様が納得して治療を受けられていないことはまぎれもない事実だと思います。先に述べましたように、まず御自身の今のお口の状態をよく御理解いただいたうえで、受けられる治療の選択肢をよくお聞きになり、利点欠点を納得したうえで、不信感のない治療を受けられる、それはとても重要なことです。それがないと、たとえどんなによい治療を受けられても「削られた」「抜かれた」という気持ちになられることでしょう。
 セカンドオピニオン(当院のホームページをご覧になっている方ですから御存じかも知れませんが)、という言葉を御存知でしょうか。今の時代、Aという歯科医院での治療方針に納得がいかない場合、B歯科医院に行って別の意見がないか聞いてみる、というようなことは、何ら変わったことではありません。当院にも、たくさんそういった方は来られていますし、当院で納得ができなくてよその歯科医院へ、という方もいらっしゃると思います(計算上、当院に来なくなる方より他院からかわられてくる方のほうが圧倒的に多いですが)。
 私は。患者様がそうしたいならそれで構わないと思います。もちろん、歯科医院を変えるたびに費用は多少生じるでしょうが、歯1本、ましてやお口全体の健康というものは、患者様たちが考えられているよりはるかに大事です。それと同じぐらい、患者様ご自身が納得されて治療を受けられる、ということも大切です。徳島(特に市内)は全国でも指折りの歯科医院過密地帯です。あちこちに歯科医院はあります。御主人の言われるように、他の歯科医院様でも意見を聞いてみられるというのが、やはりよいのではないかと思います。治療途中では診てもらえない、ということは、よほど患者様が不当な要求をしない限りありません。極端な話、何軒でも行ってみられたらよい、と思います。ただ、メールを拝見した限りでは一刻も早い治療が必要そうですから、急がれたほうがよいとも思います。それで、お近くでどうしても納得できる歯医者さんに出会えなければ、当院を訪ねてきてみてください。選択肢の一つとして、お力になれたらと思います。
 どちらにお住まいかは存じ上げませんが、当院にはこのサイトを診ていただいての通り、全国・海外からもご相談が届いています。また、通院されている方でいま一番遠い方は、淡路島からわざわざ高速を走って来ていただいています。東京にお住まいで、帰省されるたび当院に検診に来られる方もいます。
 では、本当にお大事になさってくださいね。

徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.