徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2009年7月1日 徳島県 52歳 女性

 左上5番の歯のことですが、隣の6番の歯は、埋没歯で、歯茎の中に埋まっています。
 5番の歯は、25年位前に、抜髄して、アマルガムをつめています。その歯は、大きくつめてあるので、歯じたいは、薄いです。
 最近気がついたのですが、歯にクラックが縦に2本入っていて、もし根まで割れているとしたら、抜歯になるんですよね。
 根っこまでクラックが入っているかどうかは、レントゲンではわからないのでしょうか?
 幸いに根まで入っていないとしたら、治療は可能でしょうか?
 6番の歯もないし、ぬきたくないのですが。
 よろしくお願いします。
 こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
 御相談の件ですが、まず表面にクラックが見えるからと言って保存できないほど深くまで割れているとは限りません。それを前提として、「もし深い破折だったら」という可能性を考えつつの回答ということでお受け取りいただければと思います。
 レントゲンで破折がわかるかどうかというご質問ですが、レントゲンだけで分かる場合とそうでない場合があります。レントゲンは、ある1方向から撮った写真ですので、角度や場所によっては分からない場合もあります。普通の写真でも、例えば誰か人物の写真を正面から撮っても、その後ろに人がいてもうつらないようなものだとお考えください。それ以外に、実際に入っているアマルガムを取ったり、臨床的な症状など、総合的に検査して診断することになりますが、それでも現時点ですべては分からないこともあります。
 根まで破折してなけければ抜かなくて済むかとのご質問に関してですが、根まで破折していなくて、さらに他に全く抜歯適応の状態がなければ、抜歯せずに治療が可能と思われます。抜歯適応になる状態は破折だけではありませんので、これに関しても様々な検査から総合的な判断が必要と思われます。
 ですがもし抜歯しなければならない状態の歯だとすれば、もちろんそうした方が、あなた様のお体のためだと思います。抜歯はどなたも喜んでくださらないことは、私達もよく分かっています。お気持ちはお察しいたします。
 我々の世界の冗談で「抜歯しますって患者さんに言っちゃだめだよ!半分の人は来なくなるよ」というのがあるぐらいです。私達が患者様の立場にたっても悲しいですから。でも、歯医者がもし抜歯しましょうというときは、残すという選択肢が不可能な場合です。まれに、抜歯しなくてはならない状態の歯を「もたせるとこまでもたせましょうか」などと優しいふりをする歯医者がいますが、こんな不誠実なことはないです。言い換えれば、「あなたの体に取り除かなければ治らない病気がありますが、私のことを逆恨みされても困るから、ほっといてもっと悪くしましょう」ということなのですから。そんなことをしたら当然、その後の機能回復も難しくなります。
 たとえばブリッジやインプラントを行おうとしても骨の状態が悪くなってしまって長持ちしづらかったり、最悪の場合それを行うこと自体できなくしてしまったりします。それ以前に、悪い歯を放置すれば、周辺の他の器官、臓器まで悪くすることもあります。
 ちょっと蛇足が長くなりましたが、これを機会に、是非歯科医院で健診を受けていただくことをお勧めいたします。その歯も含め、我々があなた様の健康維持のお力になれるかと思います。では、本当にお大事になさってくださいね。

徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.