徳島県,徳島市,歯科,歯医者

ホーム
当院までのアクセス
インプラント
睡眠時無呼吸症候群
一般歯科
歯周病
小児歯科
口腔外科
ホワイトニング
医院ツアー
メッセージ
オンライン相談
リンク集
サイトマップ

どこに相談していいのか分からない方、歯科医院が苦手な方、治療が不安な方のために三木照久がお悩みにお答えします!セカンドオピニオンとしてもご利用くださいね。オンライン相談のご投稿はこちらです。

2008年10月22日 神奈川 36歳 女性

三木先生、こんにちは。「親知らずの抜歯」についての質問です。
 三木先生、こんにちは。「親知らずの抜歯」についての質問です。
 左下の親知らずなんですが、斜めに生えていて埋まっています。今のところ痛みはありません。現在歯科治療中で、右1/3は矯正をしています。担当の先生からは抜歯を勧められました。私も抜歯が希望です。ただ、極度の恐がりと心配性のため足踏み状態です。というのも8年前にパニック障害になりまして、現在はだいぶ肉体的にも精神的にも落ち着いてはいるのですが、恐いのです。ネットの検索では、恐怖感と不安感をあおる内容ばかりですし・・・。
 動悸がすると吐くのではないかと不安でたまりません。もし、抜歯をするならばK労災病院口腔外科に紹介するとのことですが、岡山県の女性同様、そちらの先生の対応にビビッてしまったらと思うと不安でたまりません。
 先生、麻酔でどうにかなることってありますか?ネットでは、睡眠薬を服用し、麻酔して抜歯、その後三日間入院などという内容もありました。所要時間としては、どれくらいかかるのでしょうか?抜歯後は、鎮痛剤・抗生物質は必ず内服しなければならないのでしょうか?
 現在通院中の漢方医院の薬剤師の先生にお聞きしましたところ、自分は漢方薬でも大丈夫だったとのお話を伺いました。先生、麻酔や薬について詳しく教えていただけないでしょうか。ご多忙中だと存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 こんにちは!三木照久歯科、院長の三木照久です。
 御相談の件ですが、歯医者さんに来られる患者さんで、怖がりでない方はあまりいらっしゃいません。初めて来られた時、多くの患者さんたちが「歯医者さんは苦手で…行かなくちゃとは思ってたんだけど、なかなか決心がつかなかった」とおっしゃいます。御不安、もっともだと思います。少しでもお力になれれば幸いです。
 まず麻酔ですが、…というか麻酔に限らず、医療行為を受けるということは、リスクは必ずあります。ですが確率の問題です。リスクが処置の必要性を上回る場合は、その処置は妥当ではない、ということになります。現在使われている麻酔は安全性の高いものですので、すでに歯を治療中とのことですし、いままで麻酔をかけての治療を受けたことがおありでしたら(女性に対して少々失礼かと思いますが、ご年齢から考えるとお有りではないかと)、まず問題ないと思われます。ただ、緊張をされていたり、お疲れがたまっていたりすると、麻酔をかけた直後に気分が悪くなることがあります(めったにないことですが)。でも、これは通常横になって温かくし、しばらく休んでいただけば回復します。おっしゃるような全身麻酔下での抜歯、入院というのもなくはないでしょうけれど、それもかなり特殊なケースと思われます。
 所要時間は状態にもよりますが、麻酔をかけ、抜歯をして、止血を確認するところまでで大体1時間以内というところではないでしょうか。当院では多くの親知らずの抜歯をしておりますが、99パーセント(正確に数えたものではなく、感覚的にですが)ぐらいはその枠内に収まっています。
 術後のお薬についてですが、漢方については私も門外漢で詳しい知識はありません。ですので、このメールをいただき、当院のネットワークで内科の先生にさっそく質問をいたしましたが、「親知らずの抜歯というものが、どれほどの痛みを生じるものかはわからないので、漢方だけで十分かどうかは何とも言えませんね。ですが、漢方の効き目は一般的には西洋薬に比べてマイルドなので、単独で強力な鎮痛作用はあまり望めないんではないでしょうか。西洋薬とうまく併用すれば、より効果的なのではないですかね」とのことでした。私の考えとしましても、抜歯後の痛みは状態によって、また個人差も大きく、抗生剤、鎮痛剤を飲まないで済むものかどうかは断言は致しかねます。ですが、これもまた、飲んで何かそのせいで悪いことが起こる確率は低いと思われます。しばしば薬の副作用について少々大げさに報じられる時がありますが、毎日のように副作用を起こすような薬があったとしたら、そのような薬はふつう発売中止になっているはずですから。
 以上でご質問に対しての具体的な回答はさせていただいたかと思いますが…麻酔から抜歯、術後の投薬までのご質問があったこと、そのメールの文面全体からお節介な推測を許していただけるなら、「抜歯をしてもらう」ということ自体が、それ全体に対して、すごく不安を抱かれているのではないでしょうか。
 当院でも抜歯に限らず、治療に際して患者さんに痛みを与えてしまうことがまったくないとは言えません。ですがそれをなるべく出さないようにする、最小限に抑えるということには最大限努力しております。それ以前に、患者様の緊張をなるべくほぐして差し上げることが大事だと思っています。それだけのことをすれば、過度に緊張されるほどのことではないと思います。パニック障害で親知らずはおろか、歯科の治療自体ができなかったという方の親知らずを、患者さんの方から「先生、抜いてください」と言われ、抜歯したこともありますが、大事なことは、ほんの少しのあなた様の勇気と、我々治療させていただく側の思いやりだと思います。もし診ていただいている先生のご紹介先で抜歯をしてもらうなら、まずその御不安を事前に十分話されてみるといいと思います。行かれて、話されて、説明を聞かれ…そのうえで「この先生に抜いて欲しくない」と思われたら、その時点でおやめになるということもできなくはないわけですから。
 紹介先の先生、あなた様が安心できる先生だといいですね。そうであるようお祈り申し上げています。では、本当にお大事になさってくださいね。

徳島市鮎喰町1-15-10城西高校正門前[詳細]
徳島市バス鮎喰町1丁目停留所:徒歩5分
徳バス上鮎喰町停留所:徒歩5分

木曜日 特別診療 | ホーム | インプラント | 一般歯科 | 歯周病 | 小児歯科 | 口腔外科 | ホワイトニング | スマイルデンチャー
医院ツアー | メッセージ | オンライン相談 | キシリトールスィーツ | キシリトールアイス | リンク集 | サイトマップ

Copyright (C) 2007-2013 miki teruhisa dental clinic. All Rights Reserved.